sponsored

気象・災害

令和3年1月7日~9日にかけ全国の広い範囲で暴風雪

【送料無料!!】◆大塚製薬オーエスワン(OS-1) 500mlX24本
価格:3954円(税込、送料無料) (2021/7/29時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

1月10日午後、新潟県は自衛隊に、上越市への災害派遣を要請した

 

気象概況

8日18時の概況と予報

北陸や新潟県では雪が強く降り、急激に積雪が増加しています。

雪は10日にかけて北日本から西日本にかけての日本海側を中心に、断続的に降って積雪がさらに多くなる見込みで、交通への影響に警戒し、除雪中の事故や停電に十分注意するよう国土交通省・気象庁が呼びかけています。

気象庁によると、日本付近は強い冬型の気圧配置が続いていることに加えて、上空に強い寒気が流れ込んでいるため、日本海側を中心に雪が降り、特に、北陸や新潟県で強まっています。

新潟県上越市では、午後4時までの3時間に26センチの雪が降り、大規模な交通障害のおそれが高まっているとして「顕著な大雪に関する情報」が発表されました。

 

18時の積雪

新潟県上越市 1m56cm
青森市 98cm
富山市 83cm

9日夕方までの24時間の降雪量

新潟県 120cm
北陸 110cm
近畿北部、中国地方、岐阜県 60cm
北海道、東北、長野県 50cm
山口県と九州北部 30cm
四国 25cm
九州南部 20cm

 

さらに10日夕方までの24時間の降雪量

新潟県 70cm~100cm
北陸、岐阜県 50cm~70cm
近畿 40cm~60cm
東北、中国地方 30cm~50cm
北海道、長野県、四国 20cm~40cm
九州北部 10cm~20cm

※いずれも多いところ

 

「顕著な大雪に関する情報」北陸3県で気象庁が相次いで発表

今回の大雪では北陸の3県で、気象庁から「顕著な大雪に関する情報」が相次いで発表されました。

この情報は、短時間に大雪が降り、その後も積雪が続いて重大な影響が見込まれるときに、気象庁が県の地域を対象に発表する防災情報で、新潟県、富山県、石川県、福井県、山形県、福島県の会津地方を加えた北陸や東北の6県でおととしの冬から本格的な運用が始まっています。

7日夜は、富山県砺波市で午後10時までの3時間に23センチの顕著な降雪を観測し、大規模な交通障害が発生するおそれが高まったとして「顕著な大雪に関する情報」が富山県に初めて発表されました。

8日の昼までには、
富山県朝日町で午前6時までの3時間に22cm
福井県大野市で午前9時までの6時間に39cm
福井市で午前11時までの6時間に24cm
石川県の加賀南部の山地で、正午までの6時間に54cmの顕著な降雪が観測され、それぞれの地域に情報が発表されました。

 

 

7日の概況と予報

前線を伴った低気圧が急速に発達しながら北日本を通過するため、8日にかけて全国的に風が強まって大荒れの天気となり、日本海側の沿岸部を中心に見通しのきかない猛吹雪となるおそれがあります。

また、10日頃にかけて大雪が続く見込みで、気象庁は、暴風雪などに厳重な警戒を呼びかけています。

気象庁によると、上空の寒気と、前線を伴った日本海にある低気圧が発達しながら東へ進んでいる影響で、日本海側の沿岸を中心に雪を伴って風が強まり、島根県浜田市で午前8時すぎに28.2m/s、秋田県にかほ市で午前4時半すぎに28m/sの最大瞬間風速を観測しています。

 

低気圧の発達で猛吹雪

低気圧はこれから8日にかけて、急速に発達しながら北日本を通過するため、全国的に風が強まって大荒れの天気となる見込みで、北海道から九州の日本海側の沿岸を中心に雪を伴って非常に強い風が吹き、見通しのきかない猛吹雪となるおそれがあります。

 

風の予想

8日にかけて予想される最大風速は、
新潟県を含む北陸で28m/s
東北で27m/s、
北海道、関東甲信、近畿で25m/s
東海で23m/s
四国、九州北部で20m/s
いずれも、最大瞬間風速は30m/sら40m/sに達する見込みです。

 

観測された最大瞬間風速

山形県酒田市の飛島で午後4時前に42.2m/s
石川県輪島市の三井で午後1時すぎに39.6m/s
新潟県長岡市寺泊で午後3時すぎに35.9m/s
いずれも、観測史上1位

 

 

大雪の予想

■8日夕方にかけての24時間に降る雪の量
新潟県 100cm
北陸 90cm
近畿 80cm
岐阜県 70cm
東北、中国地方 60cm
北海道、長野 50cm
関東甲信 40cm
四国 30cm
山口 25cm
九州北部 15cm
※いずれも山沿いの多いところ

■8日夕方から9日夕方にかけての24時間に降る雪の量
新潟県を含む北陸 70cmから100cm
近畿、岐阜県 60cmから80cm
中国地方 40cmから60cm
北海道、東北 30cmから50cm
山口県、九州北部、四国、長野県 20cmから40cm

さらに10日にかけて、日本海側を中心に降雪量が増える見込み

 

 

国土交通省・気象庁が会見

7日から9日頃にかけての暴風雪と大雪について

 

 

寒波により電力需給が厳しい状況に

10日も電力需給の厳しい状態が続く

10日、使用率(速報値)
中国電力 午前5時台 99%
九州電力 午前9時台 96%
関西電力 午前9時台 95%

 

九州電力 他社に電力融通を要請

寒波の影響で、九州電力の管内で暖房などの電力需要が高まり、8日夜、電力会社の供給力を超えるおそれがあるとしています。このため、ほかの電力会社に対し電力融通を受ける要請を行うとともに、県民や事業者に対しても協力を呼びかけています。
九州電力の管内では、寒波の影響で暖房などに使う電力の需要が高まり、8日午前9時台には電力の供給力に対する需要の割合を示す「使用率」が95%に達しました。
会社によりますと、8日の午後6時台には最も需要が高まり、電力需要が供給力を上回って使用率が100.8%になると予想されています。
このため九州電力では、ほかの電力会社に対し電力融通を受ける要請を行ったということです。
これによって電力の安定供給に必要な3%の予備力を確保するとしています。
九州電力がほかの電力会社に応援の融通を求めるのは、この冬で初めてとなります。
会社では、今のところ「節電要請」は行わない方針ですが、県民や事業者に対して電気の効率的な使用への協力を呼びかけています。(NHK 8日1843)

 

電力使用率 速報値

1月8日午前7時台から9時台
東北電力 99%
九州電力 98%
北陸電力 98%
北海道電力 97%
関西電力 95%
中国電力 95%
中部電力 95%
四国電力 95%
(NHKまとめ)

 

電力広域的運営推進機関が火力発電所などの最大稼働を指示

寒さの影響で各地で暖房の使用が増えていることから、8日、電力の供給が厳しくなるとして、全国の電力需給を調整している「電力広域的運営推進機関」が首都圏や関西などの発電事業者に対して、火力発電所などを最大出力で運転するよう求める指示を初めて発出しました。

電力各社では、会社間の電力融通も進めています。

また、業界団体の電気事業連合会を通じ石油元売り各社に対し、火力発電の燃料の供給について協力を求めていて、ガス会社に対しても協力の要請を検討しています。

8日の電力使用率ピーク予測
九州電力 午後6時台 98%
中国電力 午後6時台 97%
四国電力 午後6時台 97%
中部電力 午後5時台 97%
北陸電力 午後6時台 96%
東京電力 午後4時台 94%
関西電力は午前7時台に95%、東北電力は午前10時台に96%、北海道電力は午前9時台に97%の最大使用率を記録

 

 

停電が発生しています

※最終の情報は、電力各社のホームページなどでご確認ください

■9日

東北電力管内

■秋田県1月9日11時45分現在
男鹿市約100戸
三種町約20戸
にかほ市約200戸

■新潟県1月9日11時45分現在
新潟市江南区約800戸
佐渡市10戸未満
見附市約90戸
阿賀町約30戸

 

北陸電力管内

■福井県1月9日正午現在
福井市約240戸
越前町約70戸

 

東京電力管内

■1月9日12時現在
群馬県片品村約20戸

 

中部電力

■岐阜県1月9日12時現在
飛騨市河合町10個未満

 

■8日まで

北海道電力管内

■1月8日11時20分現在
檜山管内上ノ国町 約10戸

 

東北電力管内

■1月8日11時40分現在

秋田県の停電発生地域と停電戸数
秋田県全域の停電戸数:約39,400戸
秋田市:約25,700戸 能代市:約2,900戸
男鹿市:約1,300戸 潟上市:約2,800戸
北秋田市:約100戸 仙北市:約70戸
山本郡三種町:約1,700戸 山本郡八峰町:約4,500戸
南秋田郡大潟村:約300戸 -

■1月8日11時10分現在
秋田県 約42600戸
新潟県 約700戸

■1月7日23時50分現在
青森県 約3900戸
秋田県 約45300戸 → 0時40分現在 約47500戸
岩手県 約1300戸
山形県 約1100戸
新潟県 約39600戸
福島県 約20戸

東北電力停電情報

 

北陸電力管内

■1月8日11時25分現在
石川県穴水町 約20戸

北陸電力管内では、1月7日17時過ぎ時点で、金沢市330戸、七尾市と中能登町で80戸が停電していました。
8日午前1時現在、内灘町で10戸未満の停電となっています。

 

中国電力管内

■1月8日11時25分現在
島根県江津市 約10戸

 

 

暴風雪・大雪では停電に注意

大雪や暴風雪では、停電が発生するおそれがあります。

 

電線への着雪

短時間に多くの雪が降ったり、湿り気(水分)の多い雪の場合などには、市街地の電線はもちろん、鉄塔のある大きな送電線にも雪が積もったり、吹き付けた雪が付き徐々に塊となる着雪状態になります。

電線は一定の張力で架線されていますが、雪の重さで切断することがあります。また、送電線や電柱線だけではなく、建物に接続されている個別の引き込み線が切断する可能性もあります。

 

ギャロッピング現象

ギャロッピング現象は、送電線(電線)に雪や氷が付着した状態で強風が吹き付けたときに、送電線が上下に激しく振動する現象のことで、着雪・着氷と風による送電線の自励振動現象です。

雪や氷が付着することで、通常の強風では起こりえないような大幅な振動が継続するので、送電線同士が接触してショートしたり、電力線の切断、送電設備の破損などにより、停電が発生することがあります。

 

海水の吹付けによる塩害

暴風雪の場合、沿岸部では非常に強い海風が吹くと海水が煽られ、内陸地にまで塩分を含んで吹き込みます。

これは、台風による塩害被害と同様の現象で、絶縁性能の低下やショートなどにより停電が発生する場合があります。

 

近年の停電事例

2005年12月22日に新潟県下越地方で発生した「新潟大停電」では、ギャロッピング現象によって個々の送電線が触れたことによって起きたショートと、海水による漏電で、最長31時間にわたって停電しました。

また、2015年3月2日の長野県での大規模停電も、同様の原因であったとされています。

新潟大停電では、塩分を含んだ雪が付着したことでがいしの絶縁性が低下したことも、送電障害の原因とされています。

降雪地域の電力会社では、これらの原因による停電を防止するための対策設備を導入していますが、すべての送電区間に導入されているわけではなく、また、想定されている以上の大雪や暴風雪では停電発生の可能性がありますので、雪でも停電への備えをしておくことが大切です。

 

 

新潟や北陸 強風や大雪でけが人相次ぐ 福井では死者も

今月7日からの強風や大雪の影響で、福井県では除雪中に意識を失った男性1人がその後死亡したほか、新潟県や北陸地方ではけが人が相次いでいます。
NHKが新潟県内の消防などに取材したところ、風にあおられて転倒したり除雪中に屋根から転落したりするなど、10日午前9時までに少なくとも76人がけがをしています。
このうち、記録的な積雪となった上越市では9日、70代の男性が3階建ての自宅の屋根で雪下ろしをしている際に転落し、右ひざの骨を折る大けがをしたということです。
また、同じく上越市内では9日、60代の男性が除雪機に指を挟んで右手の薬指を切断する大けがをしています。
長岡市でも10日、30代の男性が除雪中に流雪溝のふたに指を挟んで大けがをしたということです。
新潟県内ではこの冬、除雪など雪に関連する事故で合わせて7人が亡くなっていて、県や消防が注意を呼びかけています。

新潟県 長岡市や上越市など5市に「災害救助法」適用決定
新潟県は、記録的な大雪により家屋の倒壊が発生するおそれが生じているとして、長岡市、十日町市、糸魚川市、妙高市、上越市の5つの市に10日、災害救助法を適用することを決めました。
これによりそれぞれの市が実施した除雪などにかかる費用について、国と新潟県から財政支援を受けられることになります。

富山県でも34人けが(10日午前7時)
NHKが富山県内の警察や消防に取材したところ、今回の大雪では射水市にある福祉施設の敷地内で除雪作業をしていた42歳の男性が除雪機に右手を巻き込まれて指を切断する大けがをするなど午前7時現在で合わせて34人がけがをして搬送されています。
警察や消防によりますと、9日午後4時すぎ小矢部市の国道で路面の凍結でスリップしたと思われる軽乗用車が対向車と正面衝突し、軽乗用車を運転していた54歳の女性が右の肩を骨折する大けがをしました。
また、射水市では、9日、県からの委託を受けて道路の除雪作業にあたっていた24歳の男性が、操作していた小型の除雪機に右手の指を巻き込まれ大けがをしました。
富山市では雪で滑って転倒したり除雪作業中に意識を失ったりして合わせて18人が搬送されています。
また魚津市では86歳の男性が屋根から雪をおろすためにはしごを上ろうとしておよそ1.5メートルの高さから転落してけがをしたほか、滑川市でも56歳の女性が除雪作業中に側溝に落ちて足にけがをするなどの被害が出ています。
富山県内では、今回の大雪の影響でけがして搬送された人は午前7時の時点で合わせて34人となっています。
このほかにも富山県内では用水路から水があふれるなど、複数の被害が確認されています。

福井では男性が除雪中意識失いその後死亡 33人けが
NHKが福井県内の警察や消防に取材したところ9日、福井市の80代の男性が除雪作業中に意識を失って死亡したほか除雪作業などによるケガや体調不良でこれまでに少なくとも33人が病院に搬送されているということです。
警察や消防によりますと、9日午前9時ごろ、福井市で除雪作業をしていた80代の男性が意識を失って病院に搬送されその後死亡しました。
このほか、9日午前9時ごろ、坂井市で除雪作業をしていた60代の女性が転倒し、手首の骨を折って病院に搬送されたほか福井市やあわら市、大野市勝山市など、嶺北地域を中心に除雪作業中などにケガをしたり体調不良を訴えたりしてこれまでに少なくとも33人が病院に搬送されています。(NHK)

 

 

除雪追いつかず住民やスキー客500人余孤立状態に 岐阜 郡上

岐阜県郡上市で県道の除雪が追いつかず、山あいの集落の住民やスキー場に滞在している客、合わせて500人余りがふもとに移動できない孤立状態になっています。
県は現在、除雪作業を進めていて、10日中の通行再開を目指しています。
郡上市によりますと、10日午前4時すぎから郡上市の白鳥町石徹白で県道314号線の除雪作業が追いつかなくなり、およそ7キロにわたって通行できなくなっています。
このため山あいにある集落の住民110世帯・243人と2か所のスキー場に滞在している客およそ280人の合わせて500人余りがふもとに移動できない孤立状態になっています。
県は現在、除雪作業を進めていて10日中の通行再開を目指しています。
郡上市によりますと、電気や水道などのライフラインは通じていて、現地の人たちと電話での連絡はとれているということです。
郡上市には9日午後4時すぎから10日午前8時すぎにかけて大雪警報が出され、積雪は10日午前10時の時点で1メートル34センチに達しています。(NHK)

 

 

交通への影響

北陸道 福井で約1000台余立往生(10日午前10時)自衛隊が活動開始

福井県の北陸自動車道では大雪の影響で、福井インターチェンジから金津インターチェンジの間の上下線で、午前10時現在、1000台あまりが立往生しています。
福井県から災害派遣要請を受けた陸上自衛隊が午前9時ごろから現場での活動を始めました。
北陸自動車道の上り線では雪による事故の影響で9日正午前から丸岡インターチェンジから福井インターチェンジの間で、通行止めとなっています。
事故のあと現場付近で渋滞していたおよそ330台はこの区間を出ましたが、別の事故の影響で後続の車が立往生し、10日午前10時の時点でも50台近くが立往生しています。
上り線ではさらに、金津インターチェンジから丸岡インターチェンジの間でもおよそ220台が立往生しているということです。
一方、新潟方面に向かう下り線でも昨夜から福井北インターチェンジ付近と丸岡インターチェンジ付近の2か所で大規模な渋滞が起き、午前1時すぎ、武生インターチェンジから福井インターチェンジまでが通行止めになりました。
しかし、その後もインターチェンジの閉鎖などに時間がかかって新たに車が入ってきたり、降り続いた雪で渋滞していた車が動けなくなったりして、10日午前10時の時点で下り線の2か所であわせておよそ740台が立往生しているということです。
立往生している車の数は徐々に減ってはいますが、福井県は10日朝、陸上自衛隊に災害派遣を要請し、午前9時ごろ金沢駐屯地からの先遣隊19人が立往生の現場で活動を始めたということです。
中日本高速道路も、車をけん引するなど立往生の解消に向けて作業を進めるとともに、動けなくなっている車に水や食料、携帯トイレなどを順次届けているということです。

立往生の男性「精神的にも非常に厳しい状態」
車の立往生が発生している北陸自動車道の下り線の丸岡インターチェンジから南におよそ2キロほどの場所で撮影された映像では乗用車やトラックが複数停車し、道路に雪が積もっている様子が確認できます。
撮影した男性によりますと車の周りの積雪の深さは午前6時の時点で25センチほどあり、除雪しなければ車は動かせない状態だということです。
男性によりますと車は9日夕方ごろに福井北インターチェンジの手前で2時間ほど停車したあと、いったんは動いたものの午後8時ごろ福井北インターチェンジと丸岡インターチェンジの間で再び止まってからは完全に車の動きが止まったということです。いつ動き出すか見通しがつかないため、今はエンジンを切って、防寒具を着てしのいでいるということです。
男性は「見通しがつかない状態がつらく、いつ動くのかとにかく情報がほしいです。周りには買い出しできるような場所もなく、精神的にも非常に厳しい状態です」と話していました。

別の男性「近場行くつもりが身動き取れなくなるとは思わず」
また北陸道上り線の丸岡インターチェンジと福井北インターチェンジの間で立往生となった50代の会社員の男性によりますと、金沢市から福井市の親戚の家に向かう途中、9日正午前ごろから動けなくなったということです。
20時間以上たった10日午前9時ごろになってようやく北陸道からおりることができたものの、その後も料金所や一般道で渋滞に巻き込まれているということです。
男性は10日午前9時半ごろNHKの電話取材に対し「近場に行くつもりで車に乗ったのに、まさか20時間近くも身動きが取れなくなるとは思いませんでした。結局、親戚の家にも行かずに金沢に帰ろうと思いますがまだ渋滞が続きそうです」と疲れた様子で話しました。
また男性は9日夜の状況について「雪が降っていたので1時間に1回くらいは雪かきをしなければならず寝付けませんでした。私は雪かきの道具を持っていたので、他のドライバーに貸して、みんなで雪かきをしました。夜中に水とビスケット、それに携帯用トイレが配られましたが、水や食料を積んでからでかければよかったと後悔しています」と話していました。

レンタカーで立往生の男性「非常に不安」
北陸道の丸岡インターチェンジ付近で立ち往生している金沢市の31歳の男性に電話で現地の状況を聞きました。
男性は金沢市で用事があったため福井駅でレンタカーを借りて高速道路に乗ったところ、9日午後7時ごろから福井県の丸岡インターチェンジ付近の下り線で、車が動かなくなり15時間以上たった今も立ち往生しているということです。
男性はガソリンの節約のためエンジンを切って過ごしていて、食事は9日の朝からとっておらず、飲み物はペットボトルの水が半分ほどしか残っていないということです。
10日午前7時ごろに警察が安否の確認に来ましたが、それ以降、人は来ておらず、食べ物などの支援物資は奈良さんがいる付近には届いていないということです。
男性は「雪が積もって左右の車線が狭くなってきている。9日の朝ご飯から食事できていないので、なんでもいいので食べるものがあればうれしい。非常に不安です」と訴えていました。

 

航空 7日欠航518便

全日空
札幌、秋田、富山、鳥取などを発着する253便

日本航空
札幌、函館、青森、新潟などを発着する146便

スターフライヤー
福岡、北九州などを発着する29便

フジドリームエアラインズ
青森、山形などを発着する24便

エアドゥ
札幌、函館などを発着する22便

日本エアコミューター
福岡などを発着する22便

ピーチ・アビエーション
福岡、札幌などを発着する8便

アイベックスエアラインズ
新潟などを発着する8便

日本トランスオーシャン
那覇を発着する3便

ソラシドエア
大分、羽田を結ぶ2便

 

航空 8日欠航予定161便

全日空
札幌、新潟、福岡、熊本などを発着する90便

日本航空
札幌などを発着する42便

スターフライヤー
羽田、北九州などを発着する14便

フジドリームエアラインズ
青森、出雲などを発着する6便

日本エアコミューター
出雲などを発着する6便

ソラシドエア
羽田、熊本を発着する3便

今後の雪の降り方次第では、さらに欠航が増える可能性もあるとして、航空各社はホームページなどで最新の情報を確認するよう呼びかけ

 

 

携帯3社 日本海側の一部地域で通信障害

大雪の影響で、日本海側の一部の地域で携帯電話がつながりにくくなっています。

NTTドコモは、8日午前9時時点で青森県の深浦町、秋田県の横手市、山形県の鶴岡市、新潟県の新潟市北区、長岡市、村上市のそれぞれ一部の地域でつながりにくくなっています。

KDDIは、8日午前9時時点で秋田県の能代市、八峰町のそれぞれ一部の地域でつながりにくくなっています。

ソフトバンクは、8日午前7時時点で秋田県の秋田市、潟上市、能代市、八峰町のそれぞれ一部の地域でつながりにくくなっています。

いずれも大雪による停電や基地局と基地局を結ぶ設備の障害によるもので、各社は復旧作業を急いでいます。

 

 

 

おすすめ記事

特設

1

  2021年(令和3年)に発生した台風と名前一覧 毎年、1月1日午前0時以降に発生した台風が「台風1号」となります。 2020年(令和2年)最後の台風は、12月20日に発生した令和2年台風 ...

2

  7月30日(金) 7月30日(金)東京オリンピック放送予定 今年は、7月・8月・10月の休日が変更されています 令和3年(2021年)の国民の祝日|国民の祝日一覧(東京オリンピック開催に ...

3

  感染症指定医療機関の指定状況(厚生労働省) ■平成31年4月1日現在 ・感染症病床を有する指定医療機関 348医療機関(1,712床) ・結核病床(稼働病床)を有する指定医療機関 184 ...

-気象・災害