TV

ビリオン×スクール あらすじ・予告

 

ビリオン×スクール あらすじ・予告

第4話 7月26日

【ビリオン×スクール】第4話「AI教師×天才不登校児」

 

加賀美零(山田涼介)と芹沢一花(木南晴夏)は、教頭の土橋淳平(永野宗典)から、絵都学園でただ一人、不登校を続けている0組の生徒・竹中天珠(山下幸輝)を登校させるよう命じられる。

そんな加賀美たちを心配する西谷翔(水沢林太郎)や梅野ひめ香(上坂樹里)。2年生のときに同じクラスだったという西谷によれば、竹中は全国模試でも常にトップクラスの天才なのだという。出席日数が足らなくても退学処分にならないのも、東大確実ということで特例的な配慮らしい。

「天才」という言葉に反応し、「この目で確かめてやる」と意気込んだ加賀美は、芹沢とともに竹中の家を訪れる。

自室でゲームをしていた竹中と対峙する加賀美たち。芹沢から、なぜ学校に来ないのかと問われた竹中は、「行く意味がない」と返す。授業はすでに知っている知識しか教わらないし、友人とのコミュニケーションもオンラインで十分、というのだ。話を聞いていた加賀美は、「お前は完全に正しい」といって竹中を褒めるが……。

同じ頃、絵都学園校長の東堂真紀子(水野美紀)は、海外出張から帰国し、0組でいじめ問題を起こして停学処分になった娘の雪美(大原梓)と再会し――。

 

🔽ドラマリンク(画像をタップ)

ドラマドラマドラマドラマドラマドラマ新宿野戦病院虎に翼 NHK ロゴNHK 大河ドラマ 光る君へ

テレビ・ドラマ

ビリオン×スクール あらすじ・予告

 

第3話 7月19日(金)

【ビリオン×スクール】第3話「AI教師×スクールカースト」

 

加賀美零(山田涼介)と芹沢一花(木南晴夏)は、3年0組内で起きていたいじめ問題を解決した。だが、それに安堵する間もなく、今度は0組の生徒に順位をつけ、1軍から3軍までに仕分けした“スクールカースト表”が教室内に張り出されるという事件が。

それを見た加賀美は、「成績も行ないも悪い生徒がなぜか上に立つこともある摩訶不思議な制度か!」と感心。芹沢は、そんな加賀美を放っておいて、貼った人間はいますぐにはがすよう、生徒たちに告げる。すると生徒のひとり、田丸元(小泉光咲)が、「カースト表を貼ろうが貼るまいがどうせカーストはある」と言い出し、一部の生徒から賛同を得ていた。

ゼロ組はスクールカースト順位を気にした足の引っ張り合いで大混乱に。問題視した教頭の土橋淳平(永野宗典)らは、停学中の東堂雪美(大原梓)や紺野直斗(松田元太)らが戻る前に何とかするよう加賀美に命じる。

その夜、加賀美は超高精度動的教育AIプログラムのティーチ(安達祐実)に、スクールカーストをなくす方法を問う。するとティーチは、加賀美にある提案をする。加賀美は、映画オタクの生徒・鈴木司(柏木悠)に映画を撮らせ、映画祭に出品させようと思いつく。同じ頃、雪美たちは加賀美を失脚させる計画を立てていた。

ゼロ組の映画祭と一軍生徒の復讐。二つの動きが絡み合い、予想もつかない結末を招くことに……。

 

ビリオンスクール これまでのお話し

第2話 7月12日(金)

【ビリオン×スクール】第2話「頂上教師×イジメ問題」

 

日本最大の財閥グループ企業『加賀美グループ』のCEOで億万長者=ビリオネアの加賀美零(山田涼介)は、秘書兼ボディーガードの芹沢一花(木南晴夏)とともに教師として私立絵都学園に赴任。「やる気ゼロ」「才能ゼロ」「将来性ゼロ」の生徒が集められた3年0組の担任になった。

ある日、加賀美と芹沢が校庭を歩いていると、頭上から教卓が落ちてくる。そして、駆けつけた0組の西谷翔(水沢林太郎)が気になることを話し出し……。西谷から話を聞いた加賀美は、クラスにいじめがあることを読んでいた、と言う。それは、いじめ問題の解決が可能になれば、AI教師の導入が大きく前進するからだった。

あくる日、加賀美は0組の生徒たちにタブレットを出すよう命じ、アンケートを配布する。それは、いじめに関するアンケートだった。タブレットの電源が入らなかった梅野ひめ香(上坂樹里)に、代わりのタブレットを手渡す芹沢。すると東堂雪美(大原梓)が、アンケートの内容に異議を唱え、疑われるのはショックだと言い出す。そんな雪美に加賀美は、このアンケートはいじめがあるかないかではなく、いじめはあるという前提で、誰がいじめられ、誰がいじめているのかを再確認するものだ、と言い放ち……。

 

第1話 7月5日(金)午後9時~ 初回15分拡大SP

★ロング版★【7/5(金)よる9時~授業開始ッ!】「ビリオン×スクール」

 

「やる気ゼロ、才能ゼロ、将来性ゼロ」の生徒が集められた3年0組に新しい担任がやってきた!

通称“ゼロ組”と呼ばれ、バカにされてきた底辺クラスに赴任してきたのは、容姿端麗だが、どこかクセのある教師・加賀美零(かがみ・れい/山田涼介)。学校の常識が全く通用しない、資産も行動力も“ケタ外れ”なこの教師。その正体はなんと、日本を代表する財閥系グループを継いだCEOで、まさかの“億万長者=ビリオネア”だった!

時代は変われど、思春期の子どもたちが抱える問題の根底は変わらない。それなのに、教育現場は変わる一方。怒ってはいけない、何かを強制してはいけない、呼び捨てにしてはいけない、生徒に踏み込み過ぎてはいけない……。「このAI時代に、教師は必要か?」と嘆かれる昨今、そんな常識をブッ壊す、ニューヒーロー=“新しい学校のリーダー”が登場する! 億万長者(ビリオネア)の教鞭、開始のチャイムが今、鳴り響く!

 

ビリオン×スクール

■放送日時
毎週金曜日 午後9時~午後9時54分

■放送局
フジテレビ系列全国ネット

■原作
オリジナルストーリー
脚本 我人祥太

■主題歌
Ado『ルル』(ユニバーサル ミュージック)

source:ビリオン×スクール|フジテレビ

 

ビリオンスクールキャスト

  • 山田涼介
  • 木南晴夏
  • 水沢林太郎
  • 松田元太
  • 大原梓
  • 山下幸輝
  • 奥野壮
  • 柏木悠
  • 上坂樹里
  • 倉沢杏菜
  • 志田未来
  • 坂口涼太郎
  • 永野宗典
  • MEGUMI
  • 安達祐実
  • 水野美紀
  • 市村正親

 

ビリオンスクール配役

  • 加賀美零(かがみ れい)
    山田涼介
    日本を代表する財閥系グループのCEO。億万長者(ビリオネア)の身分を隠して私立絵都学園3年0組(ゼロ組)の担任教師となった。
  • 芹沢一花(せりざわ いちか)
    木南晴夏
    零の秘書であり、ボディガード。自身も3年0組の副担任を務める。

 

私立絵都学園3年0組

  • 西谷翔(にしたに しょう)
    水沢林太郎
    かつては快活な少年で学級委員やクラス行事に積極的なタイプだった。ある理由で学業がおろそかになる。
  • 紺野直斗(こんの なおと)
    松田元太(Travis Japan)
    成績不良のためゼロ組落ちした。
  • 東堂雪美(とうどう ゆきみ)
    大原梓
    校長の一人娘。ひめ香のことをいじめるグループの主犯格。
  • 竹中天珠(たけなか てんじゅ)
    山下幸輝
    特待生徒として入学した秀才。
  • 城島佑(じょうしま ゆう)
    奥野壮
    ある理由で暴力事件を起こし、ゼロ組へ転落した。
  • 鈴木司(すずき つかさ)
    柏木悠(超特急)
    かつて文化祭で問題を起こしたことで、0組に来た。
  • 梅野ひめ香(うめの ひめか)
    上坂樹里
    別クラスでいじめを受け、自ら0組を選択する。
  • 松下リナ(まつした りな)
    倉沢杏菜
    学校外の交友関係は広く、他校の先輩たちやバイト先の大学生ともつるんでいる。雪美と仲良し。
  • 田丸元(たまる はじめ)
    小泉光咲(原因は自分にある。)
    カンニングの常習犯。

 

教職員

東堂真紀子(とうどう まきこ)
水野美紀
校長。現在は長期海外赴任中であり、学校経営は教頭以下に任せている。

光井ひかる(みつい ひかる)
志田未来
英語科担当。

溝口信雄(みぞぐち のぶお)
坂口涼太郎
国語科担当。

土橋淳平(どばし じゅんぺい)
永野宗典
教頭。学校運営を東堂に任される。

堺宮子(さかい みやこ)
MEGUMI
養護教諭。

 

他キャスト

  • ティーチ
    安達祐実
    零が開発した超高精度動的教育用AIプログラムを搭載したAI教師。
  • 加賀美治(かがみ おさむ)
    市村正親
    零の父で加賀美グループの会長。

 

ビリオン×スクールについて

山田涼介さん「10」年ぶり学園ドラマで初の教師役!
学園ドラマ出演「10」作目にして資産も行動力も“ケタ外れ”な教師に!
表の顔は高校教師、裏の顔はスーパーCEO!?
“金9”初主演!現代の常識をぶち壊す痛快・学園エンターテインメント誕生!

 

ドラマ概要

7月スタートの“金9”ドラマ(毎週金曜よる9時~9時58分)は、山田涼介さんが主演を務める『ビリオン×スクール』をお送りします。本作は、日本一の財閥系企業のトップであり“億万長者=ビリオネア”の主人公が、身分を隠して学校の教師となり、さまざまな問題に直面しながらも生徒とともに成長していく姿を描くオリジナルストーリーの学園コメディー。

私立絵都学園(しりつえとがくえん)で「やる気ゼロ、才能ゼロ、将来性ゼロ」の生徒が集められた3年0組に新しい担任がやってきます。通称“ゼロ組”と呼ばれ、バカにされてきた底辺クラスに赴任してきたのは、容姿端麗だが、どこかクセのある教師・加賀美零(かがみ・れい/山田涼介)。学校の常識が全く通用しない、資産も行動力も“ケタ外れ”なこの教師。その正体はなんと、日本を代表する財閥系グループを継いだCEOで、まさかの“億万長者=ビリオネア”だったのです。

時代は変われど、思春期の子どもたちが抱える問題の根底は変わりません。それなのに、教育現場は変わる一方。怒ってはいけない、何かを強制してはいけない、呼び捨てにしてはいけない、生徒に踏み込み過ぎてはいけない……。「このAI時代に、教師は必要か?」と嘆かれる昨今、そんな常識をぶち壊す、ニューヒーロー=“新しい学校のリーダー”が登場します!

 

“正体を隠すスーパー教師”

主演の山田さんが演じるのは、日本最大の財閥グループ企業「加賀美グループ」のCEOで、億万長者の加賀美零(かがみ・れい)。その天才的な頭脳で革命的な開発をしてきた発明家でもあり、現在は高精度なAI開発の研究をしています。幼い頃は好奇心旺盛で人にも優しい子どもでしたが、成長するにつれて好奇心はそのままに、自己中心的な性格が目立つように。絵都学園には、“ある目的”のため、正体を隠して赴任します。

感覚も庶民とは大きくズレていて、教師として絵都学園に赴任するにあたり、秘書から「加賀美零であることはバレないように」ときつく言われているにも関わらず、度々“CEO感”や“富豪感”が出てしまい秘書に突っ込まれることもしばしば。経営者としては優秀でも庶民にとっての普通が理解できない加賀美は教師としては全然ダメで、生徒や同僚の教師たちとは軋轢を生む始末。果たして“ゼロ組”の高校生たちが抱える悩みに、異次元の存在である加賀美はどう挑むのでしょうか?そして生徒たちは、彼から何を学ぶのでしょうか?そして、加賀美の赴任してきた理由とは――。

山田さんがフジテレビドラマへ出演するのは『親愛なる僕へ殺意をこめて』(2022年10月クール/フジテレビ系)以来約1年9ヵ月ぶりで、“金9”ドラマへは本作が初出演にして初主演。映画『グラスホッパー』(2015年/松竹)や映画『記憶屋 あなたを忘れない』(2020年/松竹)、『サイレントラブ』(2024年/ギャガ)など、これまでさまざまな役を見事に演じ分けてきた山田さん。『もみ消して冬』シリーズ(2018年~2019年/日本テレビ系)や『王様に捧ぐ薬指』(2023年4月クール/TBS系)など、コメディー要素のある作品でも高い評価を得てきました。そして、『スクラップ・ティーチャー~教師再生~』(2008年10月クール/日本テレビ系)や『金田一少年の事件簿』シリーズ(2013年~2014年/日本テレビ系)、『暗殺教室』シリーズ(2015年~2016年/東宝)など、数々の作品で主要生徒役を演じてきた印象の強い山田さんが、『地獄先生ぬ~べ~』(2014年10月クール/日本テレビ系)以来、約10年ぶりに学園ドラマへ登場!学園ドラマへの出演が本作で10作目(※参考1)にも及ぶ山田さんが、『ビリオン×スクール』で自身の長いキャリアで初となる教師役(※参考2)に挑み、新境地を開きます!

また、演出は同じ“金9”ドラマで話題となったムロツヨシさん主演の『うちの弁護士は手がかかる』(2023年10月クール/フジテレビ系)や『おっさんずラブ』シリーズ(2018年~2024年/テレビ朝日系)を手掛けたヒットメーカーの瑠東東一郎が担当することに。瑠東は『おっさんずラブ』で第97回ザテレビジョンドラマアカデミー賞監督賞を受賞した他、映画『Gメン』で第97回キネマ旬報ベスト・テンで読者選出日本映画監督賞を受賞するなど、今最も注目される監督の一人。登場人物の心情を丁寧に描きながらもテンポよく、かつスタイリッシュに仕上げる瑠東が主演を務める山田さんとタッグを組み、新たな学園ドラマを世に送り出します!主要キャストの続報についても是非ご注目ください。

 

山田涼介さんコメント

  • 本作への出演が決まったときの思いをお聞かせください。
    ドラマへの出演が約1年ぶりになるので、率直にお芝居ができることが非常にうれしいなと思いました。
    『ビリオン×スクール』という作品の印象はいかがですか?
    一言で表現すると非常に面白いなと思いました。エンターテインメントとしてすばらしい作品になるのではないかと思っています。僕が初の教師役なので、ちゃんと生徒の皆さんに背中を見せられるのかな、何か教えられるのかなと思っています。役を通じてもそうですが、役者の先輩としても教えられることがあれば頼っていただきたいなという思いでいます。
  • ご自身が演じられる役の印象は?
    変なやつです(笑)。見た目は普通に見えるのですが、加賀美はものすごいお金を持っていますし、一般常識が通じない(笑)。普通の環境の中で育ってきていないので、加賀美にとっての普通が(世間から見たら)異次元なのに当たり前だろと思っている役なので、“何だこいつ!”って思って見てもらえたらなと思います。
  • 長いキャリアの中で初の教師役となりますが、役作りで考えていることがあれば教えてください。
    僕も気が付いたら31歳で大人の年齢になったのですが、いまいち自分の中で“大人になったな”と感じることがあんまりなくて(笑)。ですので、見ている方にちゃんと教師として見てもらえるのかな、伝わるのかなという不安は残ります。僕の演じる役がいわゆる一般常識とはかけ離れた役ではあるので、そのあたりをうまく演じられるように頑張りたいなと思っています。
  • 山田さんの31歳の誕生日に本作の情報解禁となりました。本作に懸ける思いをお聞かせください。
    最高の誕生日になりました!こうやって自分の誕生日に皆さんにうれしい報告ができることを大変喜ばしく思います。31歳になって初めての作品がこのドラマになります。初の教師役ということで分からないことだらけになりますが、若い世代の子たちに大きな背中を見せられるように頑張りたいと思います。このドラマは笑える要素がたくさんあるので、気軽に見ていただきたいです。僕が演じる加賀美の生徒に対する言葉一つ一つに、人間の根本に込められた温かみや優しさが垣間見られる瞬間もあるドラマなので、このドラマを見て笑ってほしいな、楽しんでほしいなという思いはもちろんありつつ、何か皆さんの心に刺さるものがあればいいなと思っています。
  • 最後に放送を楽しみにしている視聴者やファンの皆さんへメッセージをお願いします。
    僕はもちろん、スタッフの皆さんと、僕に初めてできる生徒のみんなと一緒に力を合わせて頑張っていきたいなと思っておりますので、ぜひ放送を楽しみに待っていていただけたらなと思います!

source:ドラマイントロダクション

 

-TV