interest television broadcast

NHK朝ドラ・連続テレビ小説 過去作品一覧|1961年第1作〜2019年第100作

 

NHK連続テレビ小説

NHKが制作する帯形式のドラマシリーズで、放送時間から「朝ドラ」と呼ばれ親しまれている。

番組形式は1話15分間の放送で、最初の1分程度で前回放送の要約、オープニングタイトル、本編という構成が多い。

放送は月曜日から土曜日までの週6話で、半年間(26週)に156回前後の放送回数となる。

第1作は昭和36年(1961年)の『娘と私』。

当初は通年放送作品だったが、1983年の『おしん』、1991年の『君の名は』を例外として半年で完結する物語となっている。

朝ドラ100作目「なつぞら」チャンネル・再放送|TEAM NACSのメンバー3人が出演 - unavailable days
朝ドラ100作目「なつぞら」チャンネル・再放送|TEAM NACSのメンバー3人が出演 - unavailable days

  連続テレビ小説 1961年(昭和36年)から放送されているNHKのテレビドラマシリーズ(帯ドラマ形式の連続ドラマ)。 通称朝ドラ。 NHKにおける朝の時間帯の帯ドラマの枠の総称(夜の時間

続きを見る

 

 

おしん

朝ドラの最高傑作と称される。

1983年(昭和58年)4月4日から1984年(昭和59年)3月31日まで放送されていた日本のNHK連続テレビ小説第31作。

8月15日から8月20日までの6日間は『もうひとりのおしん』放送につき中断、NHKの連続テレビ小説では『鳩子の海』以来の1年間放送となった。全297話。NHKテレビ放送開始30周年記念作品。

1983〜84年の平均視聴率は52.6%・最高視聴率62.9%。これはビデオリサーチの統計史上、テレビドラマの最高視聴率記録となっている。

映画化・アニメ化、また、演劇や漫画化も行われ、2012年3月現在で世界68の国と地域で放送された。

原作・脚本は橋田壽賀子。

少女時代を演じた小林綾子は、連続テレビ小説100作目となる『なつぞら』に

 

 

君の名は

1991年(平成3年)4月1日から1992年(平成4年)4月4日まで、NHK連続テレビ小説30周年記念作品(第46作)として放送された(連続テレビ小説では、1983年度の『おしん』以来の1年間放送)。

年々視聴率が下降を続けていた連続テレビ小説のテコ入れとして、1975年以前の原点に戻り放送期間を1年間とした。千葉県野田市に1億円をかけ数寄屋橋のオープンセットを造るなど、異例の予算が組まれた。原作は一世を風靡した作品でありそのため前評判は大変高く、視聴率が50%を超えるのではないかともいわれていた。

しかし、最高視聴率34.6%、期間平均視聴率29.1%(1991年 - 1992年の記録。関東地区、ビデオリサーチ調べ)[7] とも、本ドラマ終了時点での当時の歴代最低を記録した。

なお、第五部の舞台は、長崎県島原市の予定だったが、雲仙普賢岳の噴火により中止となり、舞台は、静岡県西伊豆に変更された。

原作は菊田一夫、脚本は井沢満、横光晃、宮村優子、星川泰子、小林政広らが担当した。

 

 

NHK連続テレビ小説・朝ドラ 過去作品一覧

凡例

■制作局 A:NHK東京(渋谷)JOAK
     B:NHK大阪 JOBK

■西暦の後の「前」は4月から放送開始の年度前半作、「後」は10月から放送開始の年度後半作。「前・後」表記のないものは1年間の通年放送作

■%は最高視聴率
 ビデオリサーチ調べ(関東地区・世帯・リアルタイム)

■主演名の※は「語り」を兼任している作品
 『純と愛』、『あまちゃん』、『ひよっこ』は一部他の出演者が担当している

■原作の※は、原案

作数 題名 制作局 舞台地 脚本(原作) % 主演
1 娘と私 1961 A 東京 山下与志一 (獅子文六) - 北沢彪*
2 あしたの風 1962 A 香川 山下与志一(壺井栄) - 渡辺富美子
3 あかつき 1963 A 東京 山下与志一(武者小路実篤) - 佐分利信
4 うず潮 1964 B 広島/東京/長野 田中澄江(林芙美子) 47.8 林美智子
5 たまゆら 1965 A 宮崎 山田豊/尾崎甫(川端康成) 44.7 笠智衆
6 おはなはん 1966 A 愛媛/東京 小野田勇(林謙一) 56.4 樫山文枝
7 旅路 1967 A 三重/北海道 平岩弓枝 56.9 横内正、日色ともゑ
8 あしたこそ 1968 A 東京 橋田壽賀子/中沢昭二(森村桂) 55.5 藤田弓子
9 信子とおばあちゃん 1969 A 佐賀 井手俊郎(獅子文六) 46.8 大谷直子
10 1970 A 鳥取 田中澄江 48.8 南田洋子
11 繭子ひとり 1971 A 青森/東京/宮城/広島/石川 高橋玄洋(三浦哲郎) 55.2 山口果林
12 藍より青く 1972 A 熊本 山田太一 53.3 真木洋子
13 北の家族 1973 A 北海道/石川 楠田芳子 51.8 高橋洋子
14 鳩子の海 1974 A 山口/茨城 林秀彦/中井多津夫 53.3 藤田美保子*
15 水色の時 1975前 A 長野/東京 石森史郎 46.8 大竹しのぶ
16 おはようさん 1975後 B 大阪 松田暢子(田辺聖子) 44.0 秋野暢子*
17 雲のじゅうたん 1976前 A 秋田/東京 田向正健 48.7 浅茅陽子
18 火の国に 1976後 B 熊本 石堂淑朗 43.9 鈴鹿景子
19 いちばん星 1977前 A 山形 宮内婦貴子(結城亮一) 44.9 高瀬春奈→五大路子
20 風見鶏 1977後 B 和歌山/兵庫 杉山義法 48.3 新井春美
21 おていちゃん 1978前 A 東京 寺内小春(沢村貞子) 50.0 友里千賀子
22 わたしは海 1978後 B 広島/京都 岩間芳樹 42.1 相原友子
23 マー姉ちゃん 1979前 A 福岡/東京 小山内美江子(長谷川町子) 49.9 熊谷真実
24 鮎のうた 1979後 B 滋賀/大阪 花登筐 49.1 山咲千里
25 なっちゃんの写真館 1980前 A 徳島 寺内小春 45.1 星野知子
26 虹を織る 1980後 B 山口/兵庫 秋田佐知子 45.7 紺野美沙子
27 まんさくの花 1981前 A 秋田 高橋正圀 42.4 中村明美*
28 本日も晴天なり 1981後 A 東京 小山内美江子 43.3 原日出子
29 ハイカラさん 1982前 A 神奈川/静岡 大藪郁子 44.9 手塚理美
30 よーいドン 1982後 B 大阪/京都 杉山義法 43.1 藤吉久美子
31 おしん 1983 A 山形/東京
佐賀/三重
橋田壽賀子 62.9 小林綾子→田中裕子→乙羽信子
32 ロマンス 1984前 A 北海道/東京 田向正健 47.3 榎木孝明
33 心はいつもラムネ色 1984後 B 大阪/東京 冨川元文 48.6 新藤栄作
34 澪つくし 1985前 A 千葉 ジェームス三木 55.3 沢口靖子
35 いちばん太鼓 1985後 B 福岡/大阪 井沢満 39.9 岡野進一郎
36 はね駒 1986前 A 福島/宮城 寺内小春 49.7 斉藤由貴
37 都の風 1986後 B 京都/大阪/奈良 重森孝子 44.9 加納みゆき
38 チョッちゃん 1987前 A 北海道/東京 金子成人(黒柳朝) 46.7 古村比呂
39 はっさい先生 1987後 B 東京/大阪/滋賀 高橋正圀 44.5 若村麻由美
40 ノンちゃんの夢 1988前 A 高知/東京 佐藤繁子 50.6 藤田朋子
41 純ちゃんの応援歌 1988後 B 和歌山/大阪/兵庫 布勢博一 44.0 山口智子
42 青春家族 1989前 A 東京/静岡 井沢満 44.2 いしだあゆみ・清水美砂
43 和っこの金メダル 1989後 B 山口/大阪 重森孝子 40.5 渡辺梓
44 凛凛と 1990前 A 富山/東京 矢島正雄 39.5 田中実
45 京、ふたり 1990後 B 京都 竹山洋 41.6 山本陽子・畠田理恵
46 君の名は 1991 A 東京/北海道/新潟
三重/愛知/静岡
井沢満/横光晃/宮村優子
(菊田一夫)
34.6 鈴木京香、倉田てつを
47 おんなは度胸 1992前 B 東京/大阪 橋田壽賀子 45.4 泉ピン子・桜井幸子
48 ひらり 1992後 A 東京 内館牧子 42.9 石田ひかり
49 ええにょぼ 1993前 B 京都/兵庫 東多江子 44.5 戸田菜穂
50 かりん 1993後 A 長野/東京 松原敏春 35.7 細川直美
51 ぴあの 1994前 B 大阪/大分/京都 冨川元文/宮村優子 30.6 純名里沙
52 春よ、来い 1994後
1995前
A 大阪/東京/静岡 橋田壽賀子 29.4 安田成美→中田喜子
53 走らんか! 1995後 B 福岡/大阪 金子成人(長谷川法世 28.0 三国一夫*
54 ひまわり 1996前 A 東京/福島 井上由美子 29.6 松嶋菜々子
55 ふたりっ子 1996後 B 大阪/兵庫 大石静 31.9 岩崎ひろみ・菊池麻衣子
56 あぐり 1997前 A 岡山/東京/山梨 清水有生(吉行あぐり) 31.5 田中美里
57 甘辛しゃん 1997後 B 兵庫 宮村優子/長川千佳子 30.0 佐藤夕美子
58 天うらら 1998前 A 栃木/東京 神山由美子(門野晴子 35.6 須藤理彩
59 やんちゃくれ 1998後 B 大阪 中山乃莉子/石原武龍 26.3 小西美帆
60 すずらん 1999前 A 北海道/東京 清水有生 30.4 遠野凪子
61 あすか 1999後 B 奈良/京都 鈴木聡 27.6 竹内結子
62 私の青空 2000前 A 青森/東京 内館牧子 28.3 田畑智子
63 オードリー 2000後 B 京都/熊本 大石静 24.0 岡本綾*
64 ちゅらさん 2001前 A 沖縄/東京 岡田惠和 29.3 国仲涼子
65 ほんまもん 2001後 B 和歌山/大阪/京都 西荻弓絵 25.1 池脇千鶴
66 さくら 2002前 A ハワイ/岐阜/東京 田渕久美子 27.5 高野志穂
67 まんてん 2002後 B 鹿児島/大阪 マキノノゾミ 23.6 宮地真緒
68 こころ 2003前 A 東京/新潟 青柳祐美子 26.0 中越典子
69 てるてる家族 2003後 B 大阪/長崎 大森寿美男(なかにし礼) 22.0 石原さとみ*
70 天花 2004前 A 宮城/東京 竹山洋 20.0 藤澤恵麻
71 わかば 2004後 B 兵庫/宮崎 尾西兼一 19.9 原田夏希
72 ファイト 2005前 A 群馬/東京 橋部敦子 21.9 本仮屋ユイカ
73 風のハルカ 2005後 B 大分/大阪 大森美香 21.3 村川絵梨
74 純情きらり 2006前 A 愛知/東京 浅野妙子(津島佑子 24.2 宮﨑あおい
75 芋たこなんきん 2006後 B 大阪 長川千佳子(田辺聖子 20.3 藤山直美
76 どんど晴れ 2007前 A 岩手/神奈川 小松江里子 24.8 比嘉愛未
77 ちりとてちん 2007後 B 福井/大阪 藤本有紀 18.8 貫地谷しほり
78 2008前 A 東京 鈴木聡 18.5 榮倉奈々
79 だんだん 2008後 B 島根/京都 森脇京子 18.7 三倉茉奈・三倉佳奈
80 つばさ 2009前 A 埼玉 戸田山雅司 17.7 多部未華子
81 ウェルかめ 2009後 B 徳島 相良敦子 20.6 倉科カナ
82 ゲゲゲの女房 2010前 A 島根/東京 山本むつみ(武良布枝 23.6 松下奈緒
83 てっぱん 2010後 B 広島/大阪 寺田敏雄/今井雅子/関えり香 23.6 瀧本美織
84 おひさま 2011前 A 長野 岡田惠和 22.6 井上真央
85 カーネーション 2011後 B 大阪 渡辺あや 25.0 尾野真千子*→夏木マリ*
86 梅ちゃん先生 2012前 A 東京 尾崎将也 24.9 堀北真希
87 純と愛 2012後 B 沖縄/大阪 遊川和彦 20.2 夏菜*
88 あまちゃん 2013前 A 岩手/東京 宮藤官九郎 27.0 能年玲奈*
89 ごちそうさん 2013後 B 東京/大阪 森下佳子 27.3
90 花子とアン 2014前 A 山梨/東京 中園ミホ(村岡恵理 25.9 吉高由里子
91 マッサン 2014後 B 大阪/北海道
広島/スコットランド
羽原大介 25.0 玉山鉄二
シャーロット・ケイト・フォックス
92 まれ 2015前 A 石川/神奈川 篠﨑絵里子 22.7 土屋太鳳
93 あさが来た 2015後 B 京都/大阪/福岡 大森美香(古川智映子 27.2 波瑠
94 とと姉ちゃん 2016前 A 静岡/東京 西田征史 25.9 高畑充希
95 べっぴんさん 2016後 B 兵庫/大阪 渡辺千穂 22.5 芳根京子
96 ひよっこ 2017前 A 茨城/東京 岡田惠和 24.4 有村架純*
97 わろてんか 2017後 B 京都/大阪 吉田智子 22.5 葵わかな
98 半分、青い。 2018前 A 岐阜/東京 北川悦吏子 24.5 永野芽郁
99 まんぷく 2018後 B 大阪 福田靖   安藤サクラ
100 なつぞら 2019前 A 東京/北海道 大森寿美男   広瀬すず
101 スカーレット 2019後 B 大阪/滋賀 水橋文美江   戸田恵梨香
102 エール 2020前 A 福島/愛知/東京 林宏司   窪田正孝

 

 

おすすめ記事

▼ 現在の上位アクセス ▼

1

  台風19号は今年最強クラスの台風のまま接近・上陸可能性が非常に高く、計画運休・通行止め・停電・風水害など大きな被害が発生することが想定されています。 同台風の関連情報は下記のリンクをご参 ...

2

  台風19号は、11日午前11時から気象庁の予報課トップ自ら会見を行う異例の警戒を呼びかけています。 自治体から「避難に関する情報(避難準備情報・避難勧告)」が出た段階で、避難指示よりも前 ...

3

  令和元年台風19号 ハギビス 台風19号は、12日午後7時前、静岡県の伊豆半島付近に上陸しました。 台風19号は、10月7日(月)午後6時の気象庁観測で、これまでの「大型で非常に強い台風 ...

4

  2019年に発生した台風と名前 毎年1月1日以降に発生した最初の台風が「台風1号」となります。 今年は、台風2号までが平成31年発生、台風3号以降は令和元年発生となります。 台風の名前の ...

5

    塩害 塩害は、塩分に起因する植物・農作物・建築物・構造物に及ぶ害の総称。 海沿いの地域では海水に含まれる塩分により様々な塩害が生じる。 塩分を含んだ潮風が吹き付けることや、 ...

6

  防災気象情報と警戒レベルの対応 気象庁などが出す大雨や土砂災害の情報と自治体が出す避難情報を危険度に応じて5段階で表示する運用が2019年5月末からはじまりました。 2018年7月に発生 ...

-interest, television broadcast
-, , , , ,

Copyright© unavailable days , 2019 All Rights Reserved.