in Japan days

アマゾンで別人の購入履歴や氏名住所などが閲覧可能状態に

 

Amazonサイトやアプリで他人の個人情報が閲覧可能状態に

9月26日、通販サイト「アマゾン・Amazon」で、自分とは関係のない別の利用者の購入履歴などの個人情報が画面に表示されたとの書き込みが、ツイッターなどのSNSに相次いで投稿されている。

アマゾンジャパン(Amazon Japan・東京)が詳細を調査している。

ツイッターなどの複数の投稿によると、アマゾンのサイトやアプリにログインすると、他人の登録情報が画面上に表示される事例が発生しているとみられる。

自身の情報が閲覧できず、見覚えのない人の名前や住所、購入履歴などが見える状態。

アマゾンジャパンは「本件については認識しており、現在調査を進めている」とのコメントを出しているが、どの程度の範囲で影響が出ているのか、被害状況や原因、復旧の目処など詳しいことはわかっていない。

 

 

9月27日午前11時までに、公式発表等ありません。

 

Amazon Japanが個人情報誤表示の復旧を発表

ネット通販大手のアマゾンのサイトで26日、ログインすると別の利用者の個人情報が表示される問題が一部で起きていましたが、会社は9月28日、トラブルは、丸2日かかって復旧したと発表しました。原因などを引き続き調査しているということです。

アマゾンジャパンによりますと、26日の未明から28日の未明にかけて、アマゾンのサイトにログインすると、別の利用者の名前や住所、それに購入履歴が表示されるトラブルが一部で発生していました。

会社では、トラブルは発生から丸2日かかって、28日の未明に復旧したと発表しました。

トラブルの原因は、外部からの不正アクセスではなく社内のシステムの不具合だとしていますが、会社では詳しい原因や誤って個人情報が表示された利用者の人数、さらに個人情報が悪用されたおそれなどについては調査中として明らかにしていません。

アマゾンジャパンは「お客様のセキュリティとプライバシーを大変重要に考えています。本事象は解決し、お問い合わせいただいたお客様にはご連絡をしています」とコメントしています。(NHK)

 

 

おすすめ記事

特設

1

  1月21日(木)速報 など 東京都、1月の新規感染者が3万人を超える 東京都、1月の新規感染者が3万人を超え、30482人 静岡県で新たに1人の英変異種感染を確認 厚生労働省は21日、静 ...

2

  感染症指定医療機関の指定状況(厚生労働省) ■平成31年4月1日現在 ・感染症病床を有する指定医療機関 348医療機関(1,712床) ・結核病床(稼働病床)を有する指定医療機関 184 ...

3

  チェーン規制とは 高速道路や一般道において、降雪時に行われる「チェーン規制」は、いわゆる夏タイヤと呼ばれる「通常のタイヤ」を装着しているクルマを対象にしている。 「通常のタイヤを装着しているクルマ ...

-in Japan days