television broadcast

『復活!風雲!たけし城(仮題)』2023年 AmazonPrimeVideoで全世界独占配信予定

 

『風雲!たけし城』34年ぶり復活|TBS制作がアマゾンプライムビデオで

TBSは30日、1986~89年に放送された視聴者参加型バラエティー番組「風雲!たけし城」の新作を制作し、2023年からインターネット動画配信サービス「アマゾンプライムビデオ」のオリジナル作品として全世界に配信すると発表した。番組終了から34年ぶりの「復活」となる。

「風雲!たけし城」は、ビートたけしさんが「城主」を務める難攻不落のアトラクション「たけし城」に、一般参加の視聴者が賞金獲得をかけ、体を張って挑戦する番組。

「Takeshi’s Castle」などの名で米国や英国、アジアなどでも放送された後、各国で現地版も制作されるなど世界的な人気番組となった。(共同)

TBS

 

 

あの「風雲!たけし城」がAmazon Prime Videoで復活!80年代後半に放送された伝説の視聴者参加番組

あの「風雲!たけし城」がAmazon Prime Videoで復活!80年代後半に放送された伝説の視聴者参加番組
あの「風雲!たけし城」がAmazon Prime Videoで復活!80年代後半に放送された伝説の視聴者参加番組

Amazonの戦略発表会が行われ、Prime Videoが新たに手がけるバラエティコンテンツとして、「風雲!たけし城」の復活がアナウンスされた。

jp.ign.com

 

 

痛快なりゆき番組 風雲!たけし城

ビートたけしが城主を務める難攻不落の「たけし城」を落とすため、毎回約100人の一般応募者からなる攻撃軍を谷隼人“隊長”が率い、緑山スタジオに作られた、たけし軍が仕掛けた数々の難関(ゲーム)を攻略する。

スペシャル版として、谷隊長に城を奪われたたけしやたけし軍団が奪還のため挑戦者となる回や、都道府県選抜・外国人・女子大生・中高生大会や、ペアで挑戦する親子・カップル大会などが行われた。

番組冒頭ではたけし城をバックにタイトルロゴが表示され、ナレーターの宮内鎮雄(当時TBSアナウンサー)によるタイトルコールと「天を突きそびえ立つこの城を、人は「たけし城」と呼ぶ。今まさに、この城を巡って、壮絶なる戦いの火蓋が切って落とされようとしていた」というナレーションが流れる。その後は攻撃軍に追われて逃げるたけし軍の映像の後に、画面9分割による出場者紹介があり、全員の顔が映し出された。外国人・コスプレ参加者など特筆すべき挑戦者はゲーム開始前に谷隊長によって紹介された。難関を攻め行くうちに攻撃軍は次々と脱落し、最終的に勝ち残り城主たけしを討ち落とした者が賞金100万円を獲得するルールだが、最後まで勝ち残る者は少数だった。(Wikipedia

 

 

 

-television broadcast