sticky world news agency

2019MAMA 日韓関係悪化も日本開催は予定通り実施

 

予定通り日本開催が確定

2019MAMAの「日本開催」に韓国のメディアとネットが猛反発

韓国企業が主催するアジア最大級の音楽授賞式「2019 Mnet Asian Music Awards(MAMA)」が予定どおり日本で開催される。24日、韓国・Newsenは「日韓関係の悪化の中、日本開催となるか別会場を模索するかに注目が集まっていたが、日本開催が確定した」と伝えた。

2019MAMAは12月4日、愛知県・ナゴヤドームで開催される。記事によると、MAMA事務局は「政治的イシューとは別に民間文化交流は継続すべきだというのが大方の意見だった」と説明している。

しかし記事は「こうした決定を受け、韓国の音楽ファンの間では批判の声が高まっている」と指摘。「韓国内では日本製品不買運動が続いており、日本旅行ボイコットの雰囲気もある中、MAMAがK-POP歌手を引き連れて日本に行き、アジアの音楽ファンを日本に集める形だ」と説明している。また、MAMAの海外開催そのものについても「韓国の授賞式を海外で行う理由がない」として数年前から批判が寄せられているが、MAMA側は海外開催にこだわってきたとも指摘している。

今回の日本公演発表の際にも、事務局側は「ドーム公演はアーティストの影響力を評価する尺度であり、全ての歌手の憧れのステージ」だとし、「MAMAはグローバル音楽授賞式であり、単なる年末の授賞式を超えた世界の音楽ファンが楽しめる世界最大の音楽フェスであり、アジア大衆音楽の拡散の場、音楽人たちのグローバルな疎通の窓口となっている」と「自画自賛した」とも記事は伝えている。その上で「韓国で開催すれば世界の音楽ファンが楽しめる授賞式にできないのか」「なぜK-POPの影響力を日本で立証しなければいけないのか」「今でも日本のドーム公演が歌手の憧れなのか」と指摘し、主催側のコメントを「説得力がない」と切り捨てている。

さらに記事は「もはやK-POPは『井の中の蛙』ではない。アジア全域はもちろん米国、欧州でも愛され、全世界に広がっている」「韓国での授賞式開催の方がより象徴性のあるものになる」と主張し、「韓国内より高額でチケットを販売できるという資本主義の論理で日本開催を選択した」と批判している。

この記事に、韓国のネットユーザーからも「ふざけてる。韓国の歌手を連れて行かないで」「(Mnetを運営する)CJと日本の関係は?このご時世に、もしや日本企業じゃないのか?」「これは本当に不買とボイコットをすべきでは?」「どうかしてる。CJも不買運動の対象にしよう」など批判の声が殺到している。

また「歌手の皆さん、ボイコットしてくれ。行くべきじゃない」「これに出演する歌手を不買しよう」「それだけ大きなイベントなら、韓国で開催して韓国を知ってもらうべきだ」「昔から不思議だった。なぜMAMAは海外でばかりやるんだ?」「チケットの値段が上がるんだよ。お金になるってことだ」「韓国にはいい会場がないから」「単純にグローバルが好きなんだよ」などの意見も寄せられている。(Record chaina)

 

 

Mnet Asian Music Awards

Mnet Asian Music Awards(エムネットアジアンミュージックアワード、韓: 엠넷 아시안 뮤직 어워즈、略: MAMA)

アジアの音楽授賞式

主催者は音楽専門チャンネルMnetの運営元であるCJ ENMで、番組視聴者投票、MAMA専門審査委員団による審査、音源販売量、アルバム販売量の4部門による総合結果を元に各賞が授与される

アジア、ヨーロッパ、北アメリカ、オセアニアでリアルタイム放送が行われる

2014年度以降、各年の大賞賞名にUnion Pay、Hotelscombinedなど公式スポンサーの企業名が冠されるようになった

MANA公式では、『今年で11回目を迎えるCJ ENM 主催のアジア最大級の音楽授賞式です。1999年に「Mnet KM MUSIC Festival(MKMF)」としてスタートし、約10年間は韓国国内で開催、2009年より名称を「Mnet Asian Music Awards(以下通称:MAMA)」に変更しました。
その後は2010年のマカオでの開催を皮切りに、2011年にシンガポール、2012年~2016年は香港、2017年はベトナム・日本・香港、2018には韓国・日本・香港と様々な地域で開催。世界中の音楽ファンたちが楽しむことのできる、アジア最高の音楽祭として成長し続けています。』としている。

 

これまでの開催地

  • 2010年 - マカオ
  • 2011年 - シンガポール
  • 2012年 - 香港
  • 2013年 - 香港
  • 2014年 - 香港(公式スポンサー:中国銀聯※Union Pay
  • 2015年 - 香港(公式スポンサー:中国銀聯
  • 2016年 - 香港(公式スポンサー:HotelsCombined
  • 2017年 - 香港、ベトナム、日本(公式スポンサー:Q10
    • 2017 MAMA Premiere in Vietnam - 11月25日 ベトナムホアビンシアター
    • 2017 MAMA in Japan - 11月29日 横浜アリーナ
    • 2017 MAMA 専門部門 - 11月30日 W Hong Kong Great Room
    • 2017 MAMA in Hong Kong - 12月1日 アジアワールド・エキスポ
  • 2018年 - 香港、日本、韓国
    • 2018 MAMA PREMIERE in KOREA - 12月10日 東大門デザインプラザ(DDP)
    • 2018 MAMA FAN'S CHOICE in JAPAN - 12月12日 さいたまスーパーアリーナ
    • 2018 MAMA in HONG KONG - 12月14日 アジアワールド・エキスポ
  • 2019年 - 日本(12月4日 ナゴヤドーム)

 

2019MAMA公式

2019 Mnet Asian Music Awards | K-POP・ドラマ&バラエティの韓流エンタメ情報ならMnet(エムネット)
2019 Mnet Asian Music Awards | K-POP・ドラマ&バラエティの韓流エンタメ情報ならMnet(エムネット)

MAMAは今年で11回目を迎えるCJ ENM主催のアジア最大の音楽授賞式。世界中の音楽ファンたちが楽しむことのできる、アジア最高の音楽祭として成長し続けています。

続きを見る

 

おすすめ記事

▼ 現在の上位アクセス ▼

1

  台風19号は今年最強クラスの台風のまま接近・上陸可能性が非常に高く、計画運休・通行止め・停電・風水害など大きな被害が発生することが想定されています。 同台風の関連情報は下記のリンクをご参 ...

2

  台風19号は、11日午前11時から気象庁の予報課トップ自ら会見を行う異例の警戒を呼びかけています。 自治体から「避難に関する情報(避難準備情報・避難勧告)」が出た段階で、避難指示よりも前 ...

3

  令和元年台風19号 ハギビス 台風19号は、12日午後7時前、静岡県の伊豆半島付近に上陸しました。 台風19号は、10月7日(月)午後6時の気象庁観測で、これまでの「大型で非常に強い台風 ...

4

  現在2つの台風が発生しています 日本の南海上には、10月21日現在、2つの台風が発生しています。 台風20号・台風21号共に、日本付近に接近しており、大雨や暴風への警戒が必要です。 詳し ...

5

    塩害 塩害は、塩分に起因する植物・農作物・建築物・構造物に及ぶ害の総称。 海沿いの地域では海水に含まれる塩分により様々な塩害が生じる。 塩分を含んだ潮風が吹き付けることや、 ...

6

  防災気象情報と警戒レベルの対応 気象庁などが出す大雨や土砂災害の情報と自治体が出す避難情報を危険度に応じて5段階で表示する運用が2019年5月末からはじまりました。 2018年7月に発生 ...

-sticky world news agency
-, ,

Copyright© unavailable days , 2019 All Rights Reserved.